【沖縄行事・御願解き】タンナウチャヌク

↓ランキングに参加しています。よかったらクリックをお願いします♪

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
にほんブログ村

昨日は旧暦の12月24日で、御願解き(ウガンブトゥチ)でしたね。
沖縄の家の守り神:火の神(ヒヌカン)が天に帰る日。
神様の里帰りって感じですかね?

屋敷御願(ヤシキウガン)をして家の周りを拝んで清めたあと、
火の神の香炉周りなどを掃除して送り出します。
送り出す際に線香をあげて、今年一年の感謝を伝え、
天から帰ってくる際は、福の神、徳の神をお連れになって
戻って来て下さいっていう祝詞をあげます。

で、その際にお供えするお餅を「ウチャヌク」と言います。
ウチャヌクは大中小のお餅が3段になっているものが3組セット。

基本的には砂糖が入っていないお餅ですが、砂糖入りもあります。
でも、賞味期限が短い上に、お供えした後、
うちの子も旦那も積極的に食べてくれないので、
ちょっと処理に困ってました(^◇^;)

でね、ここ数年前から、それに代わる商品が登場して以来、
ずっとその商品を買うようにしてます。

それがこちら↓

ウチャヌク

タンナウチャヌク。

沖縄のお菓子「タンナファクルー」を
ウチャヌクに見立てた商品です。

沖縄の菓子メーカー「マルキヨ菓子」さんが作られてます。

うちの子はタンナファクルーの黒糖の甘い優しい味が好きなので、
このタンナウチャヌクなら御願解きをした後も、
旦那もうちの子も積極的に食べてくれるので後片付けもラクになりました。

あと、主婦的に嬉しいのが値段(笑)
通常のお餅のウチャヌクは700円前後ぐらいですが、
タンナウチャヌクは450円くらいだったと思います。
ありがたーいw
これからもお世話になりますw

にしても、仕事から帰ってきてから、
屋敷御願をして、香炉などを掃除して、
また御願解きをするのは大変ですねー。
結構疲れましたが、無事に火の神を天に送り出すことができました。

旧暦1月4日(今年は2月4日)に火の神をお迎えしますが、
その日は仕事休みなので、余裕を持ってお迎えできるのが嬉しいです。

【関連商品】
↓私は御願の時の祝詞がわからないのでこれを見て参考にしてます。

よくわかる御願ハンドブック


琉宮 沖縄菓子詰め合わせセット サーターアンダギー ちんすこう タンナファクルー 琉宮オリジナルみそクッキー

コメント

タイトルとURLをコピーしました